保育士の資格を持つと何ができるようになる?

  • —今保育園が求められているもの

    保育士にしかできない仕事はたくさんありますが、第一に保育士には子供を健康に、そして安全に預かるという使命があります。これを使命と感じてしまうと荷が重いですが、この使命をやりがいと感じて働いている保育士はとても多いです。子供を預かって成長を手助けするような役割が求められるからこそ、常に子供たちの目線で物事を考えて、どうすれば子供たちが大きく成長することができるかを見極めながら仕事をしなければいけません。

    常に子供たちのことを考えているからこそ、保護者の期待に応えるために努力をしなければいけません。保護者に1日の出来事や健康状態を伝えなければいけませんし、子供が自立して一人で日常生活を送れるように躾をしてあげなければいけないので、保育士は常に子供たちのことを考えて子供たちと一緒に行動しながら、その都度正しい判断をしなければいけません。

    今の時代は共働き家庭の増加に伴って、保育園のニーズは今まで以上に多様化していますし、増大化している特徴があります。だからこそ保育士に求められることも増えていますがそれらのニーズに対応できる保育士が求められていますし、このニーズを的確に捉えることができれば、今後もさらに成長することができるようになります。